月刊「矯正臨床ジャーナル」、「小児歯科臨床」、関連図書を通じ最新の臨床情報をお届けいたします。

JOP「矯正臨床ジャーナル」2020年7月号

JOP「矯正臨床ジャーナル」2020年7月号

歯科矯正治療後の後戻りを考える−1
治療後の安定とその条件

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
アイデア、募集中です!                
臨床ヒントページに、先生がたのさまざまな取り組みや、  
臨床上のヒント/アイデアをお寄せください!                     
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

●「学会&セミナー速報」について
 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、イベントの開催に対して、
 その必要性を改めて検討するよう要請されています。
 それに伴い、各学会&セミナーが主催の判断により開催中止・延期となることがあります。
              ご参加の際は、事前に各連絡先にご確認くださいますようお願い申し上げます。

              価格 ¥3,000- (税別)

              発売日 2020年7月1日

              サイズ A4変型版 / 130ページ

  今月のファイル
   医科歯科連携:周術期口腔機能管理、消化器悪性腫瘍等手術の7割で実施

  Topics
   児童手当の拡充検討など、育児環境の整備へ − 政府、少子化対策大綱を決定
   スーパーシティ法が成立 複数分野の規制緩和で先端技術を活用
   無給医2800人超、59大学病院で9% − 文科省調査で最終結果
   健診時の新型コロナウイルス感染症対策を改訂 − 総合健診医学会等8団体
   唾液PCR検査を容認 発症9日以内条件、リスク少なく精度高い − 厚労省
   薬価改定・調査で焦点は実施の是非、卸・製薬側 「困難」 − 中医協・薬価部会で  ほか

  Clinical Lecture
   第1回日本先進矯正歯科学会学術大会
   歯科矯正用アンカースクリューの進化と矯正臨床 −3
   小川晴也(小川矯正歯科)

  Therapeutic Management
   矯正歯科治療に必要な歯周対応の実際 −2
   歯周組織、咬合の安定に求められる矯正歯科治療
   佐藤康訓、西堀雅一(西堀歯科)

  Therapeutic Management
   口腔機能の総合管理—がん患者をみる・診る・看る−8
   がん患者を診るということ−歯科医師としてできること
   石橋美樹(大阪国際がんセンター)

  Clinical Lecture
   第9回東京歯科大学外科的治療勉強会
   “オトガイ形成術について”
   オトガイ形成術の機能的側面
   山本雅絵(東京歯科大学市川総合病院 歯科・口腔外科)

  Clinical Orthodontics
   咬合のロックは咬合時から始める首の回旋を阻害する
   −スポーツ少年・少女のための矯正歯科臨床
   鎌田正毅、小笠原ゆう、金子桃子、杉村太丈、長尾ミチ子、鎌田秀樹
   (鎌田歯科矯正クリニック、いしん堂)

  Clinical Orthodontics
   歯科矯正治療後の後戻りを考える−1
   治療後の安定とその条件
   山口 大(元日本大学松戸歯学部歯科矯正学講座准教授)