月刊「矯正臨床ジャーナル」、「小児歯科臨床」、関連図書を通じ最新の臨床情報をお届けいたします。

「小児歯科臨床」2019年8月号

「小児歯科臨床」2019年8月号

子どもの虐待を考える

価格 ¥2,800- (税別)

発売日 2019年8月1日

サイズ A4変型版 / 112ページ

      【SPECIAL FEATURE】
     子どもの虐待を考える
     貧困家庭の子どもたち –その社会病理学的背景− (渡部 茂)
     子ども虐待の現状と対応 −子ども虐待対応における歯科情報の重要性− (岩原香織、都築民幸)
     子ども虐待に対する歯科の対応 −子どもの口腔破壊から読み取る健康格差− (香西克之)
     子ども虐待予防のための地域での取り組み –MIESをもとに− (羽根司人)
     児童養護施設との関わりの中から目指したもの (北村義久)
     子ども支援ネットワーク構築 −私たちに求められていること− (吉田美香)

      【保育と口腔・考 −保育という観点から口腔機能をみる−28】
     これからの咬合誘導を考える−4 −胎児と新生児の姿勢発達と口腔機能発達− (元開富士雄)

      【歯科衛生士 in 小児歯科】
     先天性胆道閉鎖症 (小美濃千鶴 五十川伸崇)

      【連載「食は、人生を変える!」あたりまえの毎日が食でミラクル♪ 14】
     暮らしの時間が増える夏休みだからこそ、家庭でできる自立への第一歩!−② (福田泰三)

      【Report】
     平成30年度 日本小児歯科学会女医の会総会及び研修会 in 九州 
     ① 活動報告 加藤真由美 (馬場篤子)
     ②「口腔機能発達不全症」が導入された背景とこれからの歯科治療 (中田 稔)
     ③ 幼若永久歯の外傷への対応 (本川 渉)

      【連載 子どもの心とどう関わるか 4】
     自尊感情をどう育むか (近藤 卓)