月刊「矯正臨床ジャーナル」、「小児歯科臨床」、関連図書を通じ最新の臨床情報をお届けいたします。

行動科学にもとづく Oral Habits 中止支援の実際 口腔習癖からみた咬合異常への取り組み

行動科学にもとづく Oral Habits 中止支援の実際 口腔習癖からみた咬合異常への取り組み

序論として「Oral Habits (口腔習癖)中止支援」を行ううえで必要な行動科学について述べ、
総論として「おおの小児矯正歯科」で導入している「Oral Habits 中止支援システム」について、
導入に至ったきっかけや考え方、支援の実際について、多数の症例をもとにわかりやすく解説する。

大野秀夫=編著/田中克明・深井穫博=著

カテゴリー 小児歯科関連図書

価格 ¥8,000- (税別)

発売月 2010年5月

サイズ A4変型判 / 218ページ

Ⅰ.口腔領域の習癖に対する行動科学からのアプローチ
 1.はじめに -習癖と行動-
 2.行動に関連する要因と保健行動モデル
 3.行動変容の鍵概念 -学習理論・動機づけ理論と認知行動療法-
 4.まとめ -口腔領域の習癖に対する行動科学からのアプローチ-

Ⅱ.Oral Habits 中止支援 総論
 1.なぜ「おおの小児矯正歯科方式の Oral Habits 中止支援システム」をはじめたか?
 2.OH支援の考え方
 3.おおの小児矯正歯科方式での Oral Habits 中止支援システム

Ⅲ.Oral Habits 中止支援の実際
 1.症例の呈示について
 2.症例
 3.症例のまとめ

Ⅳ.OH支援に関する臨床統計