月刊「矯正臨床ジャーナル」、「小児歯科臨床」、関連図書を通じ最新の臨床情報をお届けいたします。

カラーガイド 最新バイオメカニクス 歯科矯正メカニクス -その普遍性と臨床応用- Ⅱ(第2刷)

カラーガイド 最新バイオメカニクス 歯科矯正メカニクス -その普遍性と臨床応用- Ⅱ(第2刷)

普遍的で厳密なバイオメカニクスへの理解。

Thomas F. Mulligan 著/久保田隆朗=監訳

カテゴリー 矯正歯科関連図書

価格 ¥26,000- (税別)

発売月 2009年2月

サイズ A4変型判 / 344ページ

1章 はじめに
2章 力とモーメントの理解
3章 静力学的平衡とその重要性
4章 力と相対的な強さの決定
5章 アーチワイヤーとブラケットの関係の理解とその適用
6章 臼歯のコントロール―そのユニークな方法
7章 臼歯のコントロールにおけるオフセンターベンドの適用
8章 臼歯のコントロールにおけるステップベンドの適用
9章 臼歯のコントロールにおけるセンターベンドの適用
10章 臼歯のコントロールに用いるベンドの図説
11章 オーバーレイアーチによる力の増強
12章 ブラケット配列時の副作用の最小化
13章 差動モーメントの利点
14章 過蓋咬合改善時の差動モーメントの利用法
15章 歯列弓長を増加させるための差動モーメントの利用法
16章 Ⅱ級改善のための差動モーメントの利用法―Part 1
17章 Ⅱ級改善のための差動モーメントの利用法―Part 2
18章 差動モーメントの利用に失敗したら
19章 臼歯の回転を利用した治療法
20章 正中離開―保定は必要か?
21章 革新的なバイオメカニクス―抜歯
22章 変則的抜歯―Part 1
23章 変則的抜歯―Part 2
24章 オープンバイト(開咬)―真の挑戦
25章 おわりに