月刊「矯正臨床ジャーナル」、「小児歯科臨床」、関連図書を通じ最新の臨床情報をお届けいたします。

機能的矯正療法入門 -臨床的意義と新しい視点-

機能的矯正療法入門 -臨床的意義と新しい視点-

およそ12歳ころまでにみられる形態的、機能的、姿勢的な症状を改善するさまざまな療法に焦点をあて、機能の改善を実際的に解説する。

編著 氷室利彦 

カテゴリー 矯正関連図書

価格 ¥8,000- (税別)

発売日 2017年2月

サイズ A4判 / 148ページ

第1部 機能的矯正療法の背景
  1章 機能的矯正療法の意義と評価
  2章 口腔の役割とコミュニケーション
  3章 乳幼児の成長発達
  4章 成長発育段階と機能的矯正療法
  5章 口腔機能の評価

第2部 咬合異常と機能的矯正療法
  1章 上顎前突
  2章 反対咬合(ClassIII不正咬合)
  3章 開咬
  4章 過蓋咬合
  5章 低位舌
  6章 アデノイド、扁桃腺の肥大による気道障害と不正咬合
  7章 狭窄歯列弓
  8章 クロスバイト

〔執筆者(50音順)〕
  赤木秀瑛(たい矯正歯科)
  有田信一(ありた小児矯正歯科)
  石野由美子(二子玉川ガーデン矯正歯科)
  石野善男(二子玉川ガーデン矯正歯科)
  磯野史朗(千葉大学医学部附属病院 麻酔・疼痛・緩和医療科教授)
  岩崎智憲(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科小児歯科学分野准教授)
  大塚香織(きくち矯正歯科)
  菊地 誠(きくち矯正歯科)
  金 俊煕(きむ矯正歯科クリニック)
  峪 道代(前 大阪府立母子保健総合医療センター口腔外科)
  里見 優(さとみ矯正歯科クリニック)
  関崎和夫(関崎歯科医院)
  田井規能(たい矯正歯科)
  高谷理恵子(福島大学人間発達文化学類人間発達専攻 人間・心理学系 教授)
  中川綾子(たい矯正歯科)
  中村芳樹(鶴見大学歯学部歯科矯正学講座教授)
  長谷川大子(はせがわこども歯科)
  濵田充彦(夙川グリーンタウン矯正歯科)
  氷室利彦(前 奥羽大学歯学部成長発育歯学講座歯科矯正学分野教授)
  山崎要一(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科小児歯科学分野教授)